野菜不足について

野菜不足についてのあれこれ。

野菜不足によって不足する成分

野菜不足と叫ばれる昨今、

野菜不足になると、どういう成分が欠乏し、

体にトラブルが生じてくるのでしょうか。

まず野菜と言えば食物繊維です。不足してしまうと

便秘になることは知られていますが、高血圧も助長してしまいますので、

動脈硬化にもつながっていきます。

また、カリウムが不足すると、余計な塩分や水分、老廃物の

排出にトラブルが生じるため、高血圧、心不全、不整脈、

排尿が困難になる等の症状がでます。

鉄分が不足すると、貧血になり、めまいや動悸につながり、

神経症の原因にもなってきます。

ビタミンCが欠乏すると、様々な肌トラブル、疲れやすさ、

だるさ、食欲不振などになることが多くなります。

また、ビタミンB群が不足してくると、免疫力の低下により、

様々な病気へ変化したりや感染症などにかかりやすくなります。

当然、炎症の治りも遅くなり、だるさや疲労感が抜けず、食欲もなくなります。

また神経症や不眠の原因になることもあるそうです。

それからβカロテン不足になると、肌の調子が悪くなり、

視神経に影響が出て、視力に影響が出ることもあるそうです。

また酵素が不足すると、やはり免疫力の低下による

病気や感染症になりやすくなり、回復も遅くなりますし、

肌トラブルも多くなってきます。そして老化も進みやすくなるようです。

つまり野菜が不足するという事は、肌トラブルや老化が進み

抵抗力不足からの病気や感染症にかかりやすく、回復も遅れ、

ひいては神経症やストレスといった精神的な部分にまで

影響が出てしまうという事なのです。

以上のことからも野菜不足を解消する努力をすることが

いかに大切かが分かるでしょう。

1人暮らしで野菜を摂る

1人暮らしをしている方も多いと思います。

しかし、料理するのが大好きだという人以外、

毎日、自炊する人はなかなかいないでしょう。

また仮に作ったとしても量が多くなってしまい、

毎日同じものを食べたり、結局捨てる羽目になったりするのが嫌で

自炊しないという人もいるでしょう。

結果的にお弁当や総菜、外食で済ます頻度が多くなり、

偏った栄養の摂り方になってしまうのです。

そうなれば、野菜不足にもなっているのは必然です。

そこで、簡単に毎日野菜を摂る方法が生野菜ということになります。

キャベツなどは、特に楽ですから、ちぎって洗って、ドレッシングをかけて

食べるだけでも全然違います。

キャベツは生でも炒めても、煮てもおいしいですし、

免疫力を向上させたり、成人病予防にも効果があるとされています。

しかも、女性ホルモンに似ている成分も含まれていることも分かっていて、

女性にはうってつけなのです。

また、他にも調理しなくても食べられる野菜を

常備しておくと、バリエーションも豊富になり、

いつでも簡単に飽きずに野菜が摂れるのでオススメです。

お弁当やお惣菜というような食事でも、

この野菜を必ず食べる習慣を付けることで、

格段に野菜不足が軽減できますから、

まずは必ず野菜を食べるという習慣づけを行うのが、

野菜不足解消へ向けての第1歩という事が言えるでしょう。

子供と野菜

野菜嫌いと聞けば、多くの人が子供と考えるでしょう。

親の気持ちからすれば、何とか成長する子供たちに野菜を

たっぷり食べてほしいと考えているはずです。

戦後飢えから解放されてからというもの、

子供たちの野菜嫌いは変わりません。

ではどうしたらそれを解消してあげられるのでしょうか。

それは野菜がまずいものでなく、

おいしいものだと考えてもらう事が大前提となります。

いくら体にいいから食べなさい。とか

お薬だと思って食べなさいなどと言っても

まず好きになることはないでしょう。

この際、原型にとらわれる必要はありません。

野菜を摂取してもらえばいいのですから、

野菜ジュースで飲ませるのも一つの手です。

最近ではいかにも野菜といったジュースだけではなく、

清涼飲料水のような味になっている野菜ジュースも

たくさんありますし、まずいと思い込んでいる青汁も

子供が好きな味のものも多数販売されています。

まずはどんな形でも野菜を食べている(飲んでいる)のなら

よしとして、栄養成分はしっかりと摂らせるのが

いいのではないかと思います。


最近イライラしてませんか

野菜不足に陥ると様々な健康障害が起きてしまいます。

しかし、野菜不足の恐ろしさはそれだけではありません。

実は、野菜不足は肉体的な問題だけでなく、

精神的な影響をも及ぼしてしまうのです。

思考能力ややる気の低下に始まり、

最悪の場合、うつ病などにも変化してしまうのです。

これは野菜に含まれるビタミンやミネラルなどの不足が、

血行障害を引き起こすことで、イライラ感を感じるようになったり、

常にストレスを抱えるようになるのです。

肉体的なものも精神的なものも病気の始まりはストレスから始まります。

そのストレスを抱え込むことになれば、

様々な病気に発展していくのは自明の理と言う訳です。

何となく感じている野菜不足にはこんな恐ろしい可能性も

秘めている事を忘れてはいけないのです。

野菜不足と成人病

現在我々日本人は、すっかり食生活が欧米化しています。

その結果、多くの人が慢性的に野菜不足の状態になっています。

塩分が多いものの野菜と魚中心でバランスがとれていた

昔からの日本の食生活は、見直されていて、

健康でいるためには、和食中心の方がいいのは

皆が分かっている事です。

しかし、一度、知ってしまい習慣となった肉中心の欧米的な

食生活は、なかなか改善するのが難しいのが、現実です。

またジャンクフードが街にあふれ、高カロリーな食品を

日常的に摂取してしまっています。

結果として、慢性的な野菜不足に陥り、

ビタミンやミネラルが不足し、健康を損ない、

肥満が増加、結果、高血圧に糖尿病などの

生活習慣病が非常に多くなってしまっています。

年齢を経て生活習慣病で苦しまない為にも

早いうちから野菜不足を解消することが一番の予防となるのです。


野菜不足カテゴリー項目一覧

野菜不足