【ベジーデル酵素液】トップ > 野菜不足 > 野菜不足によって不足する成分

野菜不足によって不足する成分

野菜不足と叫ばれる昨今、

野菜不足になると、どういう成分が欠乏し、

体にトラブルが生じてくるのでしょうか。

まず野菜と言えば食物繊維です。不足してしまうと

便秘になることは知られていますが、高血圧も助長してしまいますので、

動脈硬化にもつながっていきます。

また、カリウムが不足すると、余計な塩分や水分、老廃物の

排出にトラブルが生じるため、高血圧、心不全、不整脈、

排尿が困難になる等の症状がでます。

鉄分が不足すると、貧血になり、めまいや動悸につながり、

神経症の原因にもなってきます。

ビタミンCが欠乏すると、様々な肌トラブル、疲れやすさ、

だるさ、食欲不振などになることが多くなります。

また、ビタミンB群が不足してくると、免疫力の低下により、

様々な病気へ変化したりや感染症などにかかりやすくなります。

当然、炎症の治りも遅くなり、だるさや疲労感が抜けず、食欲もなくなります。

また神経症や不眠の原因になることもあるそうです。

それからβカロテン不足になると、肌の調子が悪くなり、

視神経に影響が出て、視力に影響が出ることもあるそうです。

また酵素が不足すると、やはり免疫力の低下による

病気や感染症になりやすくなり、回復も遅くなりますし、

肌トラブルも多くなってきます。そして老化も進みやすくなるようです。

つまり野菜が不足するという事は、肌トラブルや老化が進み

抵抗力不足からの病気や感染症にかかりやすく、回復も遅れ、

ひいては神経症やストレスといった精神的な部分にまで

影響が出てしまうという事なのです。

以上のことからも野菜不足を解消する努力をすることが

いかに大切かが分かるでしょう。

……この記事の全文をみる
野菜不足

前の記事 | 

関連記事